24時間戦えません

たぶん、舞台の感想

2017/10/01現在

自己紹介的な記事が何もないので、とりあえず今現在こんな感じだよというのをまとめてトップにしておきます。

 

【私】

本業は二次元オタ。

高校生くらいから観劇に着手。

就職を機に上京。イベントと舞台のためにカレンダー通りに休めたらなんでもいいやと現職。

当ブログは観劇ログ/忘備録。

ツイッターはやってるけど長い文章で書き残したくなったから。

 

推しA】

2016年ぐらいまでとても全力で全通したりなんだかんだ熱心にしてた役者さん。私よりは少し年上。

昔はいろいろ構ってくれてたけどまぁなんかいろいろ心境の変化もあり今はただのゆるおた。

めんどくさいブログはだいたいこの人がらみ。

 

推しX】

天使。最近さく時間もお金も増えてきて推しAをとうとう上回るという事態に。これが推し変か。

私より年下。あまりの可愛さになにしてても可愛いね偉いねすごいねってヨイショしかできない。

推しAとは雰囲気全然違うタイプ。

 

 

KING OF PRISM -Over the Sunshine!-

このワケのわからない勢いがすごい。

 

舞台版キンプリ通称ブタキン(なんでキンステとかにならなかったんだそういうとこあるよね)

こちらは劇場版キンプリ(応援上映も行きました)を見てます。いやーなんかすごかった。

初めて劇場版キンプリを見たとき、すごい情報量とパンチのきいた演出で、ずっとウワーーーー!?なにこれ!?意味わからんけどなんかめっちゃ興奮する!?世界が煌めいて見える!?という衝撃だったのですが、舞台で果たしてそんなの作れるのか...?と。

 

作れてた。

あのジェットコースターな感じ、舞台でもありました。

 

応援上映が話題になった作品というのもあり、声出しOKとかで(たまに地獄レポがツイッターで回ってくるし)少々怖かったですが、私のいった回は特に気になりませんでした。

困ったのは応援上映的な声が役者さんのセリフに被ってしまうのがちょっと...ってところですね。劇場版以上に「この一瞬」が勝負な舞台なのでそこがうまく折り合いつけばなぁと。

 

 ニコ生で千秋楽配信があるのでもうそちら観ていただけたら早いかと。

 

 

衝撃だったシーンをかいつまんで感想書きます。

 

 

プリズムショーがすごすぎて服が弾け飛ぶ(物理)

シンくんのパンツ派手だったな...

 

アンサンブルさんの人力っぷり。

ワイヤーかなんかでやるかな?とか思ってましたが、アンサンブルさんによる人力リフトアップ。全力でアナログな感じがなんか合ってるなと思いました笑

あと自転車でこけるシーン、演者がスローで転倒する動きに合わせて二人がかりで自転車をガッシャンガッシャン跳ねさせてて細かい。

 

エーデルローズの生徒紹介がまさかのハダカ祭り。

シンくん尻まで丸出しになるしなんだあの小さなヒップはどういうこと...

下にね、ベージュのパンツ履いてるのはわかってる!わかってるけど半透明の幕の向こうでタオルまでとって踊るんですよwwwwwwww

タオル付け直して踊るけど巻き方が甘くて落ちそうになって慌てて巻いてるけど腰の上の方で巻きすぎて多分現実だったら下からティン...見えてるだろうな...大変だな...

最後はお盆だしwwwwwwwwwww

鉄壁のレオきゅん可愛すぎ。星元くん性別が異次元すぎです...!

キンプリだからかな、なんか全然下品には感じなかったです。

 

 

交互に2つのプリズムショーが進行するシーン。カヅキ先輩VSアレクとコウジのはちみつキッスのところです(文字にするとすごいなしかし)

映像だからできた切り替えかと思ってましたが、プロジェクションマッピングで一気にステージの景色を変えられるので、舞台上でも劇場版で見た時と同じ衝撃とスピード感を味わった気がする。

はちみつキッスでちゃんとコウジのお尻から蜂飛んできた!すげぇ!

 

Over the rainbow(オバレ)の活動休止発表のシーンになった瞬間、客席から嗚咽が...!

客席が丸ごと舞台のひとつになるどころか我々観客もまた演者であるというすごい不思議な体験...! 

コウジが乗ったオバレトレインが夜空に向かってオバレの星座になったの本当泣けたし笑えたしで感情がガクガクになるんですよね。どうやったらこんな演出思いつくんだプリズムショー。

 

シュワルツローズのお風呂場では総帥がタオル一枚に。

そして自然と全員青のペンライトを捧げもち\グロリアス!シュワルツ!/

もうなんか吹っ切れた人ほど楽しいですブタキン。

 

舞台の後半はシュワルツローズ主体のアウェイでショーを行うエーデルローズ。

シュワルツローズの大和アレクサンダーがあまりにも激しいプリズムショーを繰り広げる...!

 

「会場が壊れる!?あいつを止めろ!!」

 

いや続けて。

そのままアイア壊して。

ていうか多分アイアでアレクのプリズムショーは耐えきれないでしょ。

 

(セリフはうろ覚えですが)とにかく会場は壊してくれてもいいんですよ!!!!!!

止められちゃったけど....

 

追い詰められたエーデルローズから、シンくんが飛び出して曲を披露し、オバレの幻まで出してシュワルツローズから空気を引き戻します。

 

客席を駆け抜けるシンくん。

それに合わせてカラフルに明滅する公式ペンライト(プリズムモードというのが搭載されている)

キンブレのカラチェンボタン連打して手動でプリズムモードをする観客(すごい)

 

もうこの辺りからライブシーンのラッシュで記憶がパーなんですがとにかくうおおおって盛り上がってエンディングまで行きました。

 

なんかもっと色々あった気がするんですけど...!

すごかった。勢いが。

あと日替わり部分も楽しかったです。応援上映形式だから\がんばって!/とか言えるし笑

 

そんな感じ!

ペンライトのオンオフが大変だったけど(何本も持つからだけど)楽しかったです!

応援上映はキンプリだからまぁアリかなて感じだから他の舞台に興味持って見に来てくれるのはいいけど同じことはぜっっっっったいすんなよ!!!!!

体感としては半分以上ライブシーンって感じ...なのかな?

思ってた以上に体張った舞台で面白かったです。

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が大好きになった。

たぶんきっと推し変したなって自覚したときの話です。

マンガのタイトル拝借しました。

こちらがずいぶんメンタル的なきっかけだったので、紹介させていただきます。推し活やってる人は共感するしない度合いの違いはあるけど面白いし絵が綺麗だから読んでほしい。女の子が可愛いマンガは最高。

 

 

詳しいレビューはこちらの記事で書かれてて、マンガ自体の話はこちらのが大変親切と思います。

私は確か1巻が発売されたくらいの時にヴィレヴァンで平積みされてたのと試し読みが面白くてそのまま買って帰って枕もとに常駐しています。

pink8er-hana.hatenablog.com

 

 

 

以下ネタバレや内容に触れつつ推し変自覚したな〜っていうのつらつら。

 

 

 

ちょうど推しAに推し活してるって自覚がある頃くらいに読みました。

その時は共感度そこそこ、作中のえりぴよさんたちの言い回しが面白いなぁ、と楽しんでいました。

推しAは素敵な人だと思います。でもやっぱ男性だしキリッとしててほしいし、かわいいよりかっこいい。女子アイドル対象の発言はあんまり共感ないな〜って。

あとえりぴよさんほどこう...なんというか崇め奉るというか夢中のベクトルは違うなと思っていました。一方で、グッズとか現場での頑張りはめちゃくちゃ共感していました。

世界平和を願う心。

おたくの朝は早い。

ブログの写真再現遊び。

 

で、推し変の頃。

目に見えてのお金の動きが変わったっていうのもあるのですが、推しXが本当に可愛くて可愛くて天使なんです。

たまたま観劇してて関係者席に推しXがいたらえっ...えー....うわ天使が実在してる...って動揺するし、自撮り下手くそでもかわいいし、どう考えても様子がおかしい。私の。

それで推しが武道館いってくれたら死ぬ読んだら、推しAのときはなんとも思わなかったえりぴよさんのテンションに、それなわかる〜〜〜!!!!!!って共感待った無しになっていた。

それでね、なんかもう吹っ切れたというか。

こんなにも可愛くて心動かされる存在だから、推しじゃん、って。

 

まぁでもとりあえず一旦冷静にはなろう、もうひとつくらい舞台を観てから考えよう、単に演じたキャラクターが好きなだけかもしれないよ。

 

とか思ってたんですけどね!!!!!

いや普通に次の作品の舞台観たらきらきらしてて天使相変わらずかわいいし!!!!!

好き!!!!!!!!

ってなって帰ってきた(チケットを増やした)

 

 

正直、推しAから引き下がる(降りる、というには不完全な感じ。ゆるおたしてるし)ときが推し活の終わりかと思っていたんですが。

全然そんなことはなくて、あらたなエネルギーの向け先を自覚できてしまいました。

 

推しXに対してはえりぴよさん7割くまささん3割くらいのテンションかな。

えりぴよさんの一生懸命さやテンションに近づいているので、今後も推し活の1つのエネルギーとして読んでいきたいマンガです。

 

LINEスタンプ作ってほしい。

舞台 ACCA 13区監察課

http://www.acca-stage.com

ナイスミドルなおじさんに酔いたい人は来て〜〜!!!!!!!!

原作がオノナツメ先生で、なんというか実写や演劇にマッチしやすい絵柄だしとても楽しみにしていましたそして楽しい!!!!

 

原作の話を2時間ちょいにまとめているので、完全初見だと最初のバラバラの伏線で引っかかるかも。個人的には原作読んだ時最初そんな感じだったので、あまり気にはならなかったですが。お話として重要なところはしっかりまとめ上げてあると思います。

 

円形ステージなのでチケット増やしてアッチコッチ入るのも良いと思います。

品川クラブexてそんなに広くないので、プロジェクションマッピングとかもなく、演劇っていう感じが強く出ていると思います。

石井さんの演出の印象ですが、役者さんを動かして舞台セットのひとつに見立てるというか。

背景である人たちはゆっくり動いて、メインの会話をしているキャラは通常スピードで見せて、円形のどこから見ても舞台になっているっていうのを楽しめます。

 

開演前めちゃ静か。音楽ともSEとも言えぬあやふやな音で空気がじわじわ作られて、フッとやんでメインテーマのインストから暗転、幕開け。

 

若手とミドル半半くらいで、私が普段見てるのとはまた空気感が違って良いです。

アンサンブルがお二人(ヤング担当Ibuさん、アダルト担当文、秉泰さん)いますが、キャラクター役を持っているキャストさんが入れ替わり立ち替わり、アンサンブルとして舞台を彩るんです。キャラでいる時間よりモブってる時間やセリフのが多い人も多々!すごい!楽しい!

推しが出てる人原作でこのシーンから〜とか油断してたら初っ端一曲目からびっくりする。

 

そう、曲があるんです。

作詞作曲振り付けって制作に連なってたから一体どうなるのかなーと思っていましたが、シーンの切り替えですごくわかりやすいなと楽しい。

ACCAは13の自治区を統括する組織、主人公はその13区を視察してまわるのですが、その自治区ごとの特色が、地域色のある曲調やダンスで表現されて、そして多彩な衣装で違う地区に来たってわかりやすい。

13回て。

他のキャストもかなり着替えてる。地区ごとに5、6人出したりしているので、裏方すごいことになってそうです。何着あるんだろう。

 

冒頭でナイスミドル言いましたけど、持ち歌があってコミカルにちょっと様子がおかしいおっさん達が可愛くて楽しいのでそれも好き。

あと今村ねずみさん(リーリウム役)のダンスが美しくて見惚れてしまった。すごいやわらかい...

 

12日までで当日引き換えと当日券があるのでよかったら見に来てほしいです!

 

ネルケ作品ですけど、作品以外の部分でもなんだかいつもと違うなって印象です。

・コラボパン(美味しい)

・コラボドリンク(ステッカーもらえる)

・DVDだけでなくBlu-rayもでる

・予約受付用紙がフルカラー

・内金1000円

・会場予約(特典あり)とAmazon予約(特典あり)がある

・撮り下ろしグッズの受注販売

 

こういうのって製作の意向とかでいろいろ変わってくるんでしょうか。面白いなって思いました。私はイチジクのパンが好きです。

ハイキュー!! 進化の夏

今さらですみません。

ざっくり感想と演出の好き嫌いの話。短い。

 

ハイキュー!!は原作が好きで見てます。というか舞台化以前にミュージカルになったらどうする?みたいな話は何度もした。舞台だから歌わない...歌わないけどハイステってめっちゃ踊るというか肉体言語的というか音楽もキャッチーだし...「絶対ミュだったらこっから歌」みたいな気持ちによくなります。つい。

 

今作は試合がない期間のシナリオでしたが、私が愛してやまない「プライド以外に何が要るんだ!!!」のシーンがやっっっっっっと実現するのでめちゃくちゃ楽しみにしてた。実際そのシーン予想を超えて満足したので最高でした。ありがとうございます演じてくれて。

 

バレーは6:6で試合が進むから舞台上がすごく賑やかな印象。

途中でごちゃるから背番号のありがたみを噛み締めながら観ています。

 

各学校のカラーが出てる曲調とかダンスがモチーフの動物っぽいとかは好きです。

梟谷まじでウルセェ(褒めてます)

あとプロジェクションマッピングと題するぶん、コミックの切り抜きから飛び出したみたいな演出は良くも悪くも好きです。後述しますがうーん...好きじゃない!ってときもあります笑

 

ただ、全体を通して演習がそん........なに好みではないというか、すぐお腹いっぱいになってしまうというか。

演出の方変わったりはありましたがハイステらしさは個人的にそこまで変わってないなぁと思います。

お面芸苦手なんですよね...とくに過去回想とかちょっと真剣になりたいときに出て来るとスン....ってなる.......

あと漫画っぽい演出だと、幼い月島が兄の姿にショックを受ける「ガツーン。」のところがまるまるスクリーンの文字だけになったのがショックで。意図はあるかもですが、好きじゃないなって思いました。

 

細々書いていくとまだありそうなのですが、原作が好き役者が好き演出は良くも悪くもうーん...ってなりながら観てるという状態です。

すっごい楽しいのになんかこう..不完全燃焼感が毎回あるというか...悪くはないんだろうけど私の好みじゃねーーーーーごめんーーーーーーーーー!!!!

 

色々とありましたけど次回作も普通に楽しみに観にいきます。はやく影山役影山さんの試合が観たい。

 

 

 

野畑の飼ってた宇宙人 青組

http://vacar.co.jp/stage_060.html

観てきました!後半にネタバレ含む感想書きます。

 

保木本さんの脚本作品は2本めだったはず。

前回観た『ニューヨークで猫を殺す方法』がシチュエーションコメディあとサスペンスとシリアスと愛憎でなんかいろいろすごかったんですけどとにかく面白かったし、同じ会場でコメディときいてチケット取ってみました。

 

ニューヨーク猫を殺す方法

https://sumabo.jp/22018

ちなみにこの時の観劇のきっかけはテニミュOBめっちゃいるな!?でした。みんなキャラが濃くて楽しかったしチケット増やしてもう一度見ました。

 

野畑とっても面白かった!私の好みでテンポも笑わせ方も全部楽しめました。

ワンシチュエーションでものすごくドッタンバッタンしながら話が進んで行きますが、要所要所でキーワードをまた拾ってと伏線回収が楽しい。

あと会話と会話で勘違いが重なって大事故みたいなギャグが本当に好きなので...あー楽しかった。

少々劇場が寒いかもとのことでしたが、爆笑してるうちに身体がぽかぽかしてきたし、ひざ掛けは途中からどっかいくし(爆笑してるうちに膝叩いたりして落としてた)間違いなくカロリー消費したし表情筋もぐぐっと鍛えてもらえました笑

 

とにかくコメディだから役者さんの全力の声や顔や大暴れな身振り手振りやら緩急やら、すごい。面白い。

あと時々役者さんが起こす事故がもう全部面白くて...固定ネタじゃないところもきっとあるんでしょうけど全部面白くてアドリブだかどうだかもわからない、勢いがすばらしい。楽しい。ジェットコースター。

脚本もコメディでくっだらないネタからオマージュネタまで盛りだくさんで、頭からっぽにしてケラケラ笑えます。

 

男性主演の青組公演は22日まで、来週は女性主演で男女逆転の赤組公演があるので、ぜひ行ける方は見ていただきたいです。当日引き換えが発売中だそうです。

赤組はこちら http://vacar.co.jp/stage_061.html

 

 

 

 

 

ここからざっくり脚本バレって感じの感想です。

 

 

 

 

 

タイムリープもの今年何本めかな!!!???しかし飽きませんどの脚本も好きだよ!!!!

 

役者さんも、三枚目ぽいから面白い、二枚目なのになんかバカで面白い、真面目にやってるから面白いとかいろーーーーんなパターンのキャラ取り揃えで面白かったです。

女の子もホンッットかわいいから余計に全力の表情がいいんですよね。ドーラちゃん大好き。

セリフ量も勢いもすごいんです。ほぼノンストップでお話が展開していく感じで、テンポがパンパンパーン!とハマっていく。役者さんの掛け合いがとても気持ちいいです。

取り乱したりとかしててもしっかりセリフが伝わってきて、とても安心して物語に乗っかることができました。幸せ〜!

 

途中の早回しダイジェストなシーンとか、子供の名前が運地とか、ニューヨーク〜でもあった感じがあってちょっと脚本そのものとは違う意味で笑っちゃったりしました。

(ニューヨーク〜では子猫の名前を「運命の『運』に子どもの『子』!!!」とかやってた)

 

終演後のロビーで役者さんが何人か出ていらしてお顔がみれたのですが、みなさん(役者さんも囲ってるファンの方も)笑顔ですごい楽しそうでした。

(個人の感想です)

 

いい舞台だった〜!

推し〜コメディやって〜!!!!

 

俳優おたく向いてないって思った理由。

ブログタイトルの由来みたいな。

推しAに対して24時間頑張れなくなった理由をつらつらと。頑張れなくなったことがしんどくて情けなくてゴネてた頃の私への供養です。

っていうかそもそも舞台に行くのに推しを観るのに頑張るっていうなんかその...プレッシャーみたいになったのはほんと良くなかったと思う。

大きく分けて2つ。

推しAの対応がどうのこうのとかもあったんですけどまぁタイミングが悪かったよね、って感じです。きっと私にもっと余裕があればまだ元気に俳優おたくしてたかもしれません。

 

 【金がない】

これですねほんと一番メンタルにキツかった事実。

地方も含めて全通かリーチくらい、ランダムグッズは予備あるくらい集める、で2年弱駆け抜けたのですがお金が全然貯まらない。

違う公演でチケ発が重なって50万弱一度に吹っ飛んだ時はボーナスなかったら死んでたと思います。

そこそこ自転車操業でやりくりはできていましたが、それでちょっと他のことを我慢したり、もしもの突発的なことがあった時にどうしたらいいんだろうとか漠然とした不安がつきまとうように感じることが増えました。

それでやっぱり推しAに対してモチベが下がったのが先かお金の問題が先かはあやふやですがそのあたりで無理かなーって思い始めた気がします。

もともと多趣味で一度に万単位でお金を使うことが多く、宿泊を伴う旅行・アニメの円盤購入・推しイベソシャゲ課金・アーケードゲーム自費出版参加及び購入・コスプレなどなど...オタク的なことは片っ端から首を突っ込んでしまうタイプで...振り返ればそもそも俳優おたくもその流れからだったんですが...生き方がDD。だってどれも楽しみたいんだよ〜〜!!!!!

お金のかけ方が自分の生活と合わなくなってしまったんだと思います。

 

【作品があわない】

上記のお金がないの時期と同じくらいに出ていた作品があんまり面白くないな〜と思ったんです。

それで、推しAにお金かけたくないからつまらないと自分で自分にフィルターかけてるのかな、とか。自分の中の天邪鬼なところが作品をけなしてるのかな、とか。

 

....最近やっとその頃のことを振り返ってみて思うのですが、やっぱりつまらなかったなって思いました!!

推しAに手紙を書く気にもならなかったし、ツイッターやブログで触れるのもめんどくさいくらいつまらなかったんです。で、他の方の記事とかツイート検索をいまさらやってみて、多かれ少なかれ私と同じ感想(同厨他厨問わず)を見かけて安心したというか。仲良くしてもらってる友だちに聞いてみても似たり寄ったりの感想が返ってきて納得したり。

こればっかりは仕方ないですね。

他厨の友だちからのお誘いや某招待優待に積極的に行くようになって(お金の余裕ができ始めたからっていうのもあります)そこでみた舞台が面白くて増やしたりと普通の観劇ライフは相変わらず送れていますし。

昨年と比べると、トータルの観劇本数は5、6割くらいで観た公演はだいぶ多岐になりました。観たものすべてをブログに載せているわけではありませんが、たくさん観て書くの楽しいです。今の私にはきっとちょうどいい。

 

 

こんな感じ。

冒頭でも書きましたがやっぱり自分に余裕がないと全力投球なんてできないな。

かかったお金や費やした時間はさほど後悔していません。それはその時の全力もまた楽しかったし。自分のボーダーも分かったし。

推しAのこと追わなくなる時が俳優おたくの終わりだろうなぁとか思っていましたけどコロッと推しXに出会って脳内がお花畑になってるし。

もうたぶんないだろうと今は思ってますけれど、また何かの弾みで全力投球し始めるかもしれませんし。

 

まぁほどほどに観劇ライフを楽しみます。

あ〜〜5000兆円ほしいし365連休ほしい閏年だけ働く。